読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

てきとうなメモ

本の感想とか技術メモとか

opensshでユーザの存在を確認できる脆弱性(CVE-2016-6210)

Full Disclosure: opensshd - user enumeration

When SSHD tries to authenticate a non-existing user, it will pick up a fake password structure hardcoded in the SSHD
source code. On this hard coded password structure the password hash is based on BLOWFISH ($2) algorithm.
If real users passwords are hashed using SHA256/SHA512, then sending large passwords (10KB) will result in shorter
response time from the server for non-existing users.

opensshは存在しないユーザでログインしようとするとハードコードされた偽のパスワードのハッシュ値に対して認証しようとする。で、ハッシュ値のパスワードを存在するユーザならば通常SHA256($5)やSHA512($6)でハッシュを計算しているはずが、偽のユーザの場合はハードコードされているハッシュ値がBlowfish($2)であるため、存在するユーザと比べて計算が早く終了するので、ユーザの存在をチェックすることができるという話のようだ。

auth.cのfakepwで確かにハードコードしているな。

struct passwd *
fakepw(void)
{
        static struct passwd fake;

        memset(&fake, 0, sizeof(fake));
        fake.pw_name = "NOUSER";
        fake.pw_passwd =
            "$2a$06$r3.juUaHZDlIbQaO2dS9FuYxL1W9M81R1Tc92PoSNmzvpEqLkLGrK";
#ifdef HAVE_STRUCT_PASSWD_PW_GECOS
        fake.pw_gecos = "NOUSER";
#endif
        fake.pw_uid = privsep_pw == NULL ? (uid_t)-1 : privsep_pw->pw_uid;
        fake.pw_gid = privsep_pw == NULL ? (gid_t)-1 : privsep_pw->pw_gid;
#ifdef HAVE_STRUCT_PASSWD_PW_CLASS
        fake.pw_class = ""; 
#endif
        fake.pw_dir = "/nonexist";
        fake.pw_shell = "/nonexist";

        return (&fake);