読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

てきとうなメモ

本の感想とか技術メモとか

リフレクションでオブジェクトのプロパティを設定するライブラリは解析対象にしない親クラスを指定すべきな気がする

Java Security

今回のStruts1の脆弱性の問題は、どちらかというとcommons-beanutilsの問題な気がする。

commons-beanutilsはアクセス可能なプロパティは全て設定できてしまうのだが、使う側からすると自分が想定しているプロパティにのみ設定してほしいという要望はあるだろうし、commons-beanutilsの外でそのようなプロパティを除外するようにするとcommons-beanutilsの仕様が変化した時にうまくいかない。

例えば、Struts1だとActionFormを継承したクラスにフォームのパラメタを設定していくのだが、ActionFormやObjectクラスのプロパティを設定したいわけではない。

そういったことを考えるとライブラリ側にこのクラスより上のクラスのプロパティを対象外にするという指定が可能なメソッドを用意した方がセキュリティ的に良いと思う。しかし、commons-beanutilsもcommons-ognlも、現状そのような指定はできないようだ。

JavaAPIレベルで考えるとjava.beans.Introspector#getBeanInfoでそのような指定が可能であるので、そのような実装はそれほど難しくないように思う。

getBeanInfo

public static BeanInfo getBeanInfo(Class<?> beanClass,
Class<?> stopClass)
throws IntrospectionException
Java Bean のイントロスペクションを行い、指定された「停止」ポイントに達するまで、プロパティー、公開されたメソッドを調べます。


この Java Bean の BeanInfo クラスに対して、同じ引数を使ってイントロスペクションを実行したことがある場合、BeanInfo キャッシュから BeanInfo クラスを取得できます。

パラメータ:
beanClass - 分析される Bean クラス。
stopClass - 分析を停止する基底クラス。stopClass またはその基底クラスに含まれるメソッド、プロパティー、イベントは、分析処理ではすべて無視される。
例外:
IntrospectionException - イントロスペクション中に例外が発生した場合。

Introspector (Java Platform SE 7 )