読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

てきとうなメモ

本の感想とか技術メモとか

CentOS7のrsyslogのimklogとimjournal

CentOS CentOS7 systemd journald rsyslog

CentOS6の/etc/rsyslog.confはデフォルトで

$ModLoad imklog   # provides kernel logging support (previously done by rklogd)

となっているのだけども、CentOS7では

$ModLoad imjournal # provides access to the systemd journal
#$ModLoad imklog # reads kernel messages (the same are read from journald)

となっている。

/dev/kmsg -> imklog -> rsyslog -> /var/log/messages
          -> journald -> imjournal -> rsyslog -> /var/log/messages

という流れになっているっぽいので、有効にするとカーネルのログが二重になるのではないかという気がする。

ので、こんな感じのカーネルモジュールを作って、

#include <linux/init.h>
#include <linux/module.h>

MODULE_LICENSE("Dual BSD/GPL");

static int hello_init(void)
{
        printk(KERN_ALERT "Hello, World!!\n");
        return 0;
}

static void hello_exit(void)
{
        printk(KERN_ALERT "Goodbye, cruel world\n");
}

module_init(hello_init);
module_exit(hello_exit);

insmodしたりrmmodしたりすると、/var/log/messagesにはログが二重に出てしまう。

Dec 30 08:02:12 localhost kernel: [190084.540099] Hello, World!!
Dec 30 08:02:12 localhost kernel: Hello, World!!
Dec 30 08:02:25 localhost kernel: [190097.899643] Goodbye, cruel world
Dec 30 08:02:25 localhost kernel: Goodbye, cruel world

ので、imklogは基本的に有効にしなくてよさげ。journalctl使ってログを見るのであれば、imjournal自体もいらなそうだけども。