読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

てきとうなメモ

本の感想とか技術メモとか

RailsのSQLインジェクション脆弱性

Ruby Rails Security
User.find_by_name('foo', :select => 'id, name')

とやると、

select id, name from users where name = 'foo';

ってなるのだが、:selectの部分はエスケープ処理とかしていないので任意のSQLが書けてしまう。とはいうものの、そこは外部の入力を入れるべきではないので、普通そんなことはしない。

User.find_by_name(params[:name])

とかやっていると

http://example.com/foo?name[select]=id,name

で{'select' => 'id,name'}となるのだけども、シンボルではなく文字列キーのハッシュなので大丈夫。

でも、Authlogicでは

User.find_by_persistence_token(the_token)

とやっていて、Railsセッションによる認証メソッドを利用し、セッションストアの設定がデフォルトのクッキーである場合、クッキーからthe_tokenが取得される。

その場合、任意のRubyのオブジェクトが保存できて、シンボルキーのハッシュを設定することもできるので攻撃できちゃう。ただし、SHA-1 HMAC付きなので、鍵がばれないと大丈夫。

でも、$railsapp/config/initializers/secret_token.rbをデフォルトのまま使うと鍵わかっちゃうけどね。Githubとか。

という話みたい

Rails側は既に修正を入れていて、

find_by_xxxの引数の数がxxxの数(xxx_and_yyyとかできるので複数指定可能)以下の場合は:selectとかのオプションを指定できなくするという処理になっている。find_by_xxx('xxxの値', オプション)となるので引数の数がxxxの数より大きくなるため。

まあ、どちらかというとAuthlogicとアプリ側の問題な気はするけど。