読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

てきとうなメモ

本の感想とか技術メモとか

SIGMUS第100回記念シンポジウムメモ

Programming

スクウェア・エニックスの部分だけニコ生で視聴した。プレゼン資料は読めるがデモは見づらいなあ。あと、音量小さくないか。

ゲーム業界での音楽情報処理の今 - 土田 善紀 (株式会社スクウェア・エニックス)

  • ゲームとはいっても種類によって異なるのでJ-RPGでの話
  • グラフィックスがメインなのでサウンドプログラミングにかける資源は少ない
  • ソフトウェアDSPがやっと載るようになった。
  • サウンドプログラミングに利用できるリソースはCPUで5%、メモリで10%ぐらい
  • CPU
    • PSPの場合はRISCの333Hzなので333MIPS
    • 1秒に30回の描画
    • サウンド関係は全CPUの5%
    • のうち40%ぐらい使う
    • 333MIPS * 1/30 * 0.05 * 0.4 = 22万命令/描画
    • → DSPミドルウェアなんか使えない
    • GPUはグラフィックスで忙しいので利用できない
    • 昔は専用チップでやっていた
  • メモリ
    • 利用できるのは20MBぐらい
    • FF14だと17MB
    • メインメモリに載り切らない場合はVRAMを使うという荒業もある
  • 研究の技術が使われるのは20年以上たってから
  • Webオーディオはまだ使えない