読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

てきとうなメモ

本の感想とか技術メモとか

ScrapBookとHyper Estraier

Windows デスクトップサーチ+ScrapBookが最強過ぎる

を見ていてちょっとうちのpowerbookでもやってみた.ScrapBook+AutoSaveはいいとして,macでデスクトップサーチといえばspotlightが標準でついているのだが,なんか遅いしどこがヒットしているかわからない.あと,インクリメンタルサーチはいらないと思うんだがなあ.

というわけで,検索が速いhyper estraierを入れて試してみた.インストールは

$ ./configure
$ make mac
$ make check-mac
$ make install-mac

非常に簡単である.

で,イントロダクションに沿って索引の作成を行う.ScrapBookのデータは~/ScrapBookに入れてあるので,検索CGIを置くディレクトリ行って

$ estcmd gather -il ja -sd casket ~/ScrapBook

を実行すると,casketディレクトリに索引が作成される.次に検索CGIをコピーする.

cp /usr/local/libexec/estseek.cgi .
cp /usr/local/share/hyperestraier/estseek.* .

estseek.confのindexnameはcasketそのままなので修正の必要はなく,replaceのみコメントアウトする.

#replace: ^file:///home/mikio/public_html/{{!}}http://localhost/
#replace: /index\.html?${{!}}/

これはfile://からhttp://の変換を行う部分で,{{!}}の前の部分を後ろの部分に変換する.が,ローカルのファイルを見たいので,変換せずにfile://のままでリンクを貼るようにする.
で,estseek.cgiにアクセスすると,Firefoxでアクセスしたサイトを検索することができる.

しかし,リンクをクリックしてもローカルファイルにアクセスすることができない.これはfirefoxのセキュリティのためらしく,以下の設定をuser.jsに記述することで回避できる.

user_pref("capability.policy.policynames", "localfilelinks");
user_pref("capability.policy.localfilelinks.sites", "http://localhost");
user_pref("capability.policy.localfilelinks.checkloaduri.enabled", "allAccess");

これはlocalhostからのローカルファイルへのアクセスを許可する設定であり,他のURLからのアクセスを許す場合はhttp://localhostの部分を書き換えればよい.

で,かなり高速で使えるのだが,問題点もある.moongiftの人が既に述べているように,履歴のように自動的に消去されないので,ハードディスクに限界がくるという点.5日間やっただけで,150MBぐらいいってしまった.一日30MBぐらいなので,一年10GBぐらいかな.一年以上前のデータを検索したいことはなかなかなさそうなので(少なくともwebの履歴において)適度に古い物は削除する方がいいかもしれない.また,AutoSaveは本当に見境なくsaveしてしまうので,そこらへんのURLフィルタリングとかも欲しいところである.